ハイローオーストラリア関係

海外バイナリーオプションは詐欺と記事が目立ちますが本当のところは?

投稿日:

詐欺かどうかは金融商品取引業の登録を確認


国内のバイナリーオプション業者でも入金されないといったトラブルはありますが、海外バイナリーオプションではこういった事例が特に多いです。日本の消費生活センターにこういったトラブル対処の相談が相次いでいます。金融業を営むためには消費者金融などでも必ず登録が必要です。
バイナリーオプションでは金融商品取引業の登録が必要となります。この登録が必要だということは、日本だけでなく海外でも同じことです。しかし、こういった詐欺を行う業者は登録されていない場合がほとんどです。
そもそもそれはバイナリーオプション業者ではないということです。
たとえば医者でも無免許でやっている医者はいます。医療行為を行うためには免許が必要なので当然これは違法です。中にはブラックジャックのように、免許がなくて違法だけれど凄腕という場合もあるかもしれません。それでも違法は違法ですが、ほとんどの場合は実際の腕も免許をもらえるには届いておらず、単なる詐欺行為です。
バイナリーオプションも同じで、登録をきちんと済ませていないような業者はそもそも詐欺行為を目的としているのです。単に登録を忘れていたり、登録しなければならないことを知らなかったという場合もあるかもしれませんが、どっちにしてもさすがにそんな重要なことを怠る業者を信用できるはずがないです。
特に海外バイナリーオプション業者と取引を行う際には、必ず事前にその業者が金融商品取引業の登録を済ませているか確認しましょう。

海外業者を利用する時は銃砲収集を入念に


確認方法は、金融庁のホームページから免許や登録を行っている業者の一覧を見ることができるので、そこから確認できます。
そしてそれでも万が一トラブルが起きてしまった場合には、消費生活センター等に相談する必要があります。
しかし、金融庁に登録されていなくて住所や連絡先もわからなければどうしようもない場合も多いです。
当たり前ですが、そもそも詐欺行為を行う前提であれば、金融商品取引業の登録していない方が有利なのです。
登録しないで逃げ切れるわけがないと思われるかもしれませんが、はっきり言ってしまえばそんな業者と取引した方にも落ち度はあるのです。業者側もそれを知らずに取引するような相手だからうまく逃げられるのです。
消費生活センターができることにも限度があるので、あくまで自己責任で行う必要があります。他の金融商品にも言えることですが、特に海外の業者と取引するときには、情報収集を怠らないでください。

[cc id=76]

-ハイローオーストラリア関係
-

Copyright© バイナリ野郎 , 2017 All Rights Reserved.